井上理恵の演劇時評

アクセスカウンタ

zoom RSS 週刊読書人に『菊田一夫の仕事』の書評が載りました(2011年8月12日2901号)

<<   作成日時 : 2011/08/13 21:56   >>

トラックバック 0 / コメント 0

「なつかしい戦後史 稀有の大衆演劇人の生き方を通してとらえる」(諏訪春雄評)

 評者は、演劇研究の大先輩諏訪春雄氏。有難いことです。

 一部を以下に引きます。


 「著者の資料博捜は徹底している。その成果に基づく、それぞれの作品と俳優についての豊富なエピソード、
当時の劇評、そして著者の的確な評価が叙述を精細あるものにしている。最近はミュージカルを中心に商業演劇を観る機会が各段に増えた私(諏訪…井上注)にとってもこの上ない観劇手引きになった。」

 「本書は両者(新劇のリアリズム演劇と菊田が展開してきた東宝のリアリズム世界)を総合した日本演劇史であり、菊田一夫という稀有の大衆演劇人の生き方を通してとらえた日本人の汗と涙の、しかしこよなく懐かしい戦後史でもある。」

 わたくしの意図をご理解いただけ、本当に感謝しています。


 これまで掲載された書評を読んで下さった多くの方が、この本を読みたいと思って頂ければ幸いです。

そして、劇場へ足を運ぶ人々が増えることを願っている一人として、つまらない芝居が減ることも願いたいです。





菊田一夫の仕事?浅草・日比谷・宝塚
社会評論社
井上 理恵

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 菊田一夫の仕事?浅草・日比谷・宝塚 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




菊田一夫?芝居つくり四十年 (人間の記録 (111))
日本図書センター
菊田 一夫

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 菊田一夫?芝居つくり四十年 (人間の記録 (111)) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

月別リンク

週刊読書人に『菊田一夫の仕事』の書評が載りました(2011年8月12日2901号) 井上理恵の演劇時評/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる