井上理恵の演劇時評

アクセスカウンタ

zoom RSS 宝塚星組 涼 紫央「天使のはしご」(J・オ―ステイン原作、鈴木圭脚本・演出)

<<   作成日時 : 2012/03/09 12:50   >>

トラックバック 0 / コメント 0

涼紫央の「天使のはしご」を観る(2012年3月8日 日本青年館大ホール)

少女たちの多くが手にしたことのあるオースティンの「高慢と偏見」が、初めて宝塚で舞台化された!!!
今までこの作品が舞台に載らなかったことが不思議なくらいだ。

 演出鈴木圭は、少女たちの結婚問題を中心にして、宝塚的な貴公子涼紫央のために舞台を作る。
 
 涼はこれが日本青年館単独初主演であると演出が書いていたが、驚いた! 

 宝塚の日本青年館公演がどのような基準で選ばれるのかわからないが、遅すぎるだろうに・・・・・
そういえば、北翔海莉も昨年の「記者と皇帝」が青年館初主演といっていた・・・・・・

 もっともよく考えれば、年数回の青年館公演だから無理はないのかもしれない。
それだけ演者にとっては重要な公演になるのだろう。
今回の舞台は、その意味でも、演者にとっても観客にとってもいい舞台になっていた!

  さて、18世紀の少女小説などと言うと、オースティン研究者に叱られそうだ。
が、少女たちが父親の手を離れて生きるのに、どんな困難があるかをしらせている小説なのである、これは。

 財産権がない女たちは、生きるのが難しかった。働くこともできない中流や上流の女性たちは、結婚が全てを決定した。単なるシンデレラ志向ではないのである。結婚は生死の問題だったのだ。

 コリンズと結婚することを選択したシャーロット(音花ゆり)が、28歳だかになって家に厄介者としていられないと語っていたことが、それを立証している。これはかつての日本も同様であった。

 選択の自由・職業の自由を獲得している現在の女たちが、どんなに素敵な位置にいるかを、観客の少女たちや女性たちがわかってくれるといいのだが・・・・・・

 自由を手放し、可愛い女になって、楽だからいいという専業主婦志向の強い愚かな女性たちが増えているからどうなのだろうと、心配になる・・…   

 専業主婦も本格的に家政に関わり、育児に教育に関わると、決して楽ではないのである・・・・それは多くの新聞記事が既に証明している・・・・

 横道にそれた・・・

 18世紀、時代は言わずと知れた家父長制社会、男性のみがをある種の自由を手にしていた・・・・・。

 中産階級のベネット夫妻(美稀千種・英真なおき――落ち着いた美稀と英真の母親役が舞台に笑いを呼び、盛り上げる)の5人の娘たちの結婚問題が物語の中心。長女のジェーン(華雅りりか――美しく可愛い)・次女のリジー(音波みのり――美しくそして知性ある少女を好演)・メアリ(妃白ゆあ)・キティ(妃海風)・リディア(綺咲愛里)。彼女たちはそれぞれに個性的でハイティーンの物珍しさに大騒ぎする少女たちを好演していた。

 ジェーンは上流階級の大地主のビングリー(美弥るりか――柄に合って好演していたが、これからの課題は歌だろう)と相思相愛になって、階級差をどうするか、家族の反対をどうするかが今後の問題になる。

 リジーは、もっと大きい大地主の領主ダーシー(涼紫央――素敵な貴公子を好演)との込入った恋と結婚の問題。

 末娘のリディアは、ダーシー家の執事の息子ウィカム(夢乃聖夏――新たな役どころでとてもいい味をだしていた)と駆け落ち・・・・

 ウィカムは、今でいえば不良青年で、主人であるダーシーに嫉妬と憎しみを抱いていて、ダーシーの妹(優香りこ――上品でかわいい妹であった)をだまそうとしたり、この物語に複雑さを与える。

 夢乃は今後が楽しみな俳優になった

 他に上品な役をやらせたら随一の万里柚美や大佐の美城れん。笑いを担当しているようなコリンズ(天寿光希――あまり逸脱しないように演じるのも難しいだろうが、よくやっている)などなど・・・・舞台を盛り上げていた。

 涼の衣装が素敵で、アメリカものばかりだった星組にやっと宝塚の夢がもどったような気分を観客に与えていた・・・・近くに座っていた人たちが、素敵素敵と…かしましい〜〜〜〜

 男役ばかりのダンスも洒落ていてとてもいいし、黒い衣装で女役が絡むシーンも見事であった。軍服姿の男役も凛々しい…

 天使のはしごの歌もいい。涼が哀しみのうたや喜びの歌を情感込めて歌っていてとてもいい。

 音波みのりも歌も芝居もダンスも素敵だ。いい娘役に育った。今後が楽しみ・・・・

 鈴木圭と涼紫央は、久しぶりに星組ファンに素敵な夢を与えたようだ・・・・・

 脚本をさらに練り、レヴェルアップして、再演をするといいだろう。



ロミオとジュリエット 星組梅田芸術劇場公演ライブCD
宝塚クリエイティブアーツ
宝塚歌劇団

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ロミオとジュリエット 星組梅田芸術劇場公演ライブCD の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




星組大劇場公演ライブCD オーシャンズ11
宝塚クリエイティブアーツ
宝塚歌劇団

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 星組大劇場公演ライブCD オーシャンズ11 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

月別リンク

宝塚星組 涼 紫央「天使のはしご」(J・オ―ステイン原作、鈴木圭脚本・演出) 井上理恵の演劇時評/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる