井上理恵の演劇時評

アクセスカウンタ

zoom RSS 佐藤しのぶのオペラ「夕鶴」(木下順二原作・脚本、團伊玖磨音楽、市川右近演出)

<<   作成日時 : 2014/01/20 00:35   >>

トラックバック 0 / コメント 0

新演出のオペラ「夕鶴」を観た(2014年1月18日 東京文化会館)

 「夕鶴」のオペラを初めて観た! 

 市川右近の新演出とあるから、おそらくいつものオペラは民話劇風なのであろうと推測。

 美術:千住博、照明:成瀬一裕、衣装:森英恵、演出補・振付:飛鳥左近、

     指揮:現田茂夫、管弦楽:東京フイルハーモニー《夕鶴》特別オーケストラ


 出 演 つう:佐藤しのぶ  与ひょう:倉石真  運ず:原田圭  惣ど:高橋啓三
              子供たち:杉並児童合唱団

  「夕鶴」は一幕物であるからセリフ劇で上演してほぼ60分から70分。

ところがオペラ「夕鶴」は、一部と二部に分かれていて、一部が90分、二部が30分  間に休憩20分。

まずこれに驚いたが、全てを歌で歌うから長引くのだろうと、舞台の始まりを待つ。

プログラム未見。1000円以上プログラムは余程の事がない限り購入しない。

 懐かしいオープニングの音楽が流れて、舞台が始まる。

 舞台センター奥に大きなパネル一枚、これは真ん中で開く。左右に長方形のパネルが三枚ずつ。
これがいろいろな組み合わせで動く。この表現も洒落ていた。

そして舞台は、八百屋舞台(傾斜)で中央に丸い盆が切られていて、盆が回ると高さに高低が出来る。
それが室内になったり、外になったり、囲炉裏が出来たり、機織りの部屋になったり、する。

 照明が、雪景色や夕焼けぞら、暗い夜、などなど登場人物の場面に応じて美しく変化する。

雪が降る時は実に美しい。最近の雪は、なんなのだろう・・・・・かつては紙が落ちていたのだが・・・・

子供たちが虹色のような身体をおおう衣装、髪も同色。綺麗な色のこけしのようであった!

 登場人物の服は現代服。
つうは白のシルクのようなワンピースで袖の先が広がり、帯が鶴の尾のよう、髪に赤いかざり。
この衣装は最後に二枚の布を織った後で、すきとおり、スカートも切れ切れで色が白と灰色、帯もすすける。
この細かい行き届いた表現が素敵であった。

 いかにも自身の羽を使い果たした感があった。

 与ひょうは、ふつうのシャツとパンツであったが、運ずと惣どは、狩人や山師のような装い。

 ほとんど戯曲と同じ展開で進む。

一体どこで一幕が終わるのかと思っていたら、つうが布を織りはじめ、運ずと惣どが覗き、それにつられて与ひょうも覗き、つうがいないことを知って、雪の降る中を探し始める所で一幕が終わり。

 彼らが覗くとパネルに鶴が一羽一回飛ぶ。その映像が映る。

 今回の舞台は映像と照明で登場人物の心象風景を表現している。たしかに新演出の現代物だと・・・・・

 佐藤の美しいソプラノと、男性たちのテノール、バス、バリトンが綺麗にマッチして「夕鶴」の世界を、とにかく美しく美しく表現していた。その分、哀しみに欠ける・・・・・

 最後につうが与ひょうに語リかける所で、与ひょうがつうをみつめているのは、演出として違うのではないかと思った。

 最後の場面は、つうと与ひょうは行き違うのだ。二人は既に違う世界に住んでいることをここでは表現しなければならない。

 そして、与ひょうが、いつまでもつうを探し求めるという最後を示すためにも、惣どのセリフのカットは、いただけない。
 
 戯曲では、惣どが最後に「ところで、のう、二枚おれたちゅうはありがたいこってねえけ。(与ひょうの手にある
布を取ろうとするが、与ひょうは無意識のうちにはなさない)」というセリフがある。

 これが省かれていた。

 木下のオペラ脚本は未見であるが、初めから戯曲通りで歌っていたから(何カ所かリフレインがあったが・・・)
この最後も変わりないと推測する。

 最後の場面で飛んでいる鶴が映し出されたら、もう終わりだ、どうしようと思っていたが、それがなくてホッとした。

最後の場面は、美しい夕焼けぞらのようなオレンジ色の照明で全てのパネルが染まり、とても素敵であった。

 佐藤しのぶは美しく、きれいなソプラノで、つうの世界を歌っていた!


   今月末には書店の店頭に並ぶと思うが、井上理恵編著『木下順二の世界』(社会評論社)に、
  私の「夕鶴」論を入れた。  

      この本は、是非多くの方に手に取って頂きたいと思っている。
   



團伊玖磨:オペラ『夕鶴』(全曲) [ (クラシック) ]
楽天ブックス
(クラシック)【新着】 発売日:2013年09月25日 予約締切日:2013年09月21日 IKUM

楽天市場 by 團伊玖磨:オペラ『夕鶴』(全曲) [ (クラシック) ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

オペラ『夕鶴』?上演600回記念ライヴ
コロムビアミュージックエンタテインメント
鮫島有美子

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by オペラ『夕鶴』?上演600回記念ライヴ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




團伊玖磨 オペラ「夕鶴」ピアノ・ヴォーカルスコア
全音楽譜出版社
團伊玖磨

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 團伊玖磨 オペラ「夕鶴」ピアノ・ヴォーカルスコア の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

月別リンク

佐藤しのぶのオペラ「夕鶴」(木下順二原作・脚本、團伊玖磨音楽、市川右近演出) 井上理恵の演劇時評/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる